ビジネス実務法務検定試験は、企業が求める実務的・体系的・実践的な法律知識を持っているかをチェックするのが、ビジネス実務法務検定試験です。

ビジネス実務法務検定試験

企業が求める実務的・体系的・実践的な法律知識を持っているかをチェックするのが、ビジネス実務法務検定試験です。


ビジネス実務法務検定試験のテキスト

ビジネス実務法務は、企業において業務のリスクを察知しかつ法的にチェックし、問題点を解決に導く法律の知識は、法務部門に限らず全てのビジネスゾーンに於いて必要不可欠の能力です。



何故法律知識が必要か

企業には、消費者・取引先企業など様々な利害関係に立つ人達がいます。

そこで、一度不祥事などが発生すると、刑事責任や賠償責任などの民事責任の他、社会からもペナルティを受ける事になります。その為、法律を尊守できる能力のある人材を求めています。


ビジネス実務法務検定試験とは

商工会議所の資格制度

ビジネス実務法務検定試験は、商工会議所が制定した検定試験で、第1級から3級まであり、
第1級合格者には、「ビジネス法務リーダー」
第2級合格者には、「ビジネス法務エキスパート」
第3級合格者には、「ビジネス法務エグゼクティブ」

の称号が付与されます。


判定基準

  • 第3級 ビジネスパーソンとしての業務上理解しておくべき基礎的法律知識を有し、問題点の発見できる事。
  • 第2級 企業活動の実務経験があり、弁護士などの外部専門家への相談といった、一定の対応ができるなど、質的・量的に法的実務知識をゆうしている事。
  • 第1級 業務上必要な法務実務知識をビジネス全体に渡って持っており、その知識に基づいて多角的な観点から高度な判断・対応ができる。


現在では、多くの企業が倫理憲章や企業行動基準を策定し、企業自身で不正や不祥事を未然に防止するための活動を積極的に行われ、このビジネス実務法務検定試験が推奨検定にされたり、人事での能力評価に利用する企業も増えています。



参考書籍テキスト等はこちらで御覧下さい
アマゾンの書籍一覧はこちら      ビジネス実務法務検定試験

楽天Bookの書籍一覧はこちら     ビジネス実務法務検定試験
Yahooブック一覧はこちら        ビジネス実務法務検定試験


「ビジネス実務法務検定試験」は、東京商工会議所の登録商標です


記憶術なら、藤本式記憶術 資格試験勉強法



ビジネス実務







A C - J B G n
RSS